投稿者 ayanofurano | 2009年 6月 23日

語学講習会(英語、韓国語)開催いたしました。

DSC04436当協議会では、国際観光都市を目指す「富良野」において、すべての観光施設関係者、さまざまなガイド業の方々、さらには、この広域圏市民の皆さんが、笑顔で「ハロー!」と海外からのお客様をお迎えできるように、語学講習を実施いたしました。

まずは、英語と韓国語講習です。特に英語講習では3つのステップに分けて、各講習を週5回富良野市内及び、南富良野町・占冠村などで開催しました。韓国語については一日2回×3日間を同じく富良野市内、及び占冠村で開催いたしました。

【ステップ1 英語基礎】
中学校レベルの英語の基本的な文法などを学びます。

【ステップ2 英語会話】
2時間という限られた時間の中は、すべて英語で会話します。日本人特有の英語を目の前にすると緊張する!という変な緊張感をゲーム等をしながら、徐々にリラックスさせて楽しみながら英会話を楽しみます。

【ステップ3 英語ホスピタリティ】
その国の方々と接する際のマナーや礼儀などを理解します。そうすることにより、英語を話す上で最も苦手な発音や、使える英語、生きた英語力を学びます。

英語講習の参加者の中には、70歳の方もご参加いただき、まだまだ現役で観光ボランティアを務めていただいている方や、街角で外国人に道を尋ねられて「少し英語を勉強しなければ!!」と思った方、バスを乗り間違えて困っていた外国人観光客の方と接して「英語!」と思った方など市民の方が必要性を感じて参加していただいた方もいらっしゃいました。

【韓国語 基礎】
まずは韓国語を学ぶ上で最も重要なハングル文字の母音や子音を学びます。文字を見て、「あ~韓国語はやっぱり難しそう・・・」などという抵抗感をなくせば、日本語とハングル語は一番近い言語であることが理解できます。逆に親近感がわく言語へと変化します。あとは、学ぶことがどんどん楽しくなります。

韓国語に関しては、今まで食わず嫌いのようなものだったのが、嘘のように親近感がわき、参加された方の中では、自発的に集まって勉強会を開催していこう!という動きもありました。韓国語を独学されている方々からはもっと開催してほしい!という要望もたくさん頂き、ハン流ブームはまだまだ続いているようです。

【8月の語学講習の予定】
英語講習・・・地方通訳案内士資格制度受験に向けての集中講座
韓国語・中国語講習会・・・ホスピタリティ韓国語、中国語。その国の文化について知る。

広告

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。