投稿者 ayanofurano | 2010年 5月 25日

ラフティングワークショップを開催致しました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

平成22年5月22日(土)23日(日)の2日間にわたり、南富良野町落合のシーソラプチ川と新得町屈足の十勝川を使用し、ラフティングワークショップを開催致しました。同川を利用する数社のラフティングカンパニーの方々に参加していただき、有意義なワークショップの開催となりました。

講師は、どんころ野外学校一筋20年の新野さん、ラフティングガイド歴十数年のゆきのこ福田さん、1999年から屈足でラフト会社を立ち上げられた、TOMの髙橋さんです。

同じフィールドを利用する中でのリスクマネージメント、ラフティングなどの水上でのアウトドアアクティビティでは、特にバックアップ体制の確認や事故が起こってしまった場合の対応などが必要となり、さらに連携・チームワークが必要であることの再認識の場になったかと思います。

複数艇のレスキューのトレーニングは各カンパニー内ではなかなか行うことが出来ない場合もあり、最近の富良野周辺の大型修学旅行の受け入れなどをする場合の複数のカンパニーが集まって一つの体験を受ける場合などの、ガイド同士のコミュニケーション不足から起こる事故なども、このような交流の機会を持つことで防いでいけるのだということも実感出来たのではないでしょうか。

水量の多いこの時期、トレーニングとしてはとてもリスクの高いトレーニングであったと思います。

お客様を同乗することを想定すれば、このようなハイリスクでのトレーニングがあるからこそ、ツアー中に少し余裕をもったガイディングが可能となり、また日々の個々のガイドの皆さんのトレーニングが質の高いツアーが提供出来ると思います。

引き続きこのような合同トレーニングなどの機会が増えて行くことを期待しています!!

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。